Maltheads (モルトヘッズ)【札幌・小樽ビールの旅③】

2023年11月。お仕事でお世話になっている方々と、札幌にある会社との打ち合わせやご挨拶のため、札幌・小樽に行ってきました。今回、打ち合わせが目的ではありましたが、各地の美味しいものや観光に詳しいFさんのアテンドがあり、楽しい旅となりました。Fさんありがとうございます。

今回は、Maltheads (モルトヘッズ)についてご紹介いたします!

目次

Maltheads (モルトヘッズ)

「Maltheads (モルトヘッズ)」は、札幌・狸小路にある、ビールとモルトウイスキー専門店です。今回札幌に行くにあたり、アテンドしてくださるFさんに事前にビールが好きだということをお伝えしたところ、連れて行っていただけることとなりました。いつか行きたいお店の1つだったので、楽しみにやってきました。お店の看板を見ただけでドキドキします。

店主の坂巻紀久雄さんは、、日本ビール検定1級、ビアテイスター、ウイスキー検定2級の資格を持ち、ビアジャーナリストの先輩でもあり、多くのメディアやイベント等でビールの魅力や楽しみ方を発信されている方です。私の憧れの方です。

冷蔵庫自体がメニュー

Maltheads (モルトヘッズ)は、カウンター席で飲むことができ、カウンターの目の前に冷蔵庫があります。

その冷蔵庫自体がメニューとなっており、この紙のメニューは、冷蔵庫に入っているビールの種類がどの位置にあるかを表しているものとなります。

(冷蔵庫自体の写真を撮り忘れてしまいました)

公式ホームページに、冷蔵庫の様子が詳しく紹介されています。

Maltheads (モルトヘッズ)にていただいたビール

まずは、ハンドポンプから注いでいただく「リアルエール」(当日は金鬼リアルエール)を注文。目の前で坂巻さんが入れてくださる姿を拝見させていだきました。

リアルエールについては、モルトヘッズ公式サイトのページに詳しく解説があります。

続いて、メニューの小麦から、「Gaffel Wiess」。マイルドな味わいで好き。「Hawkes DEAD & BERRIED」は、ベリーの風味とフルーティーな味わいのサイダー。こちらは初めて飲みましたが、リピート必至です。

こちらはランビック(写真を撮り忘れてしまい銘柄が細かくかけずですが)を注ぐ坂巻さん。

ランビックは酸味があるビールとして好き嫌いがわかれるものと言われています。

ですが、坂巻さんは澱を入れないように注ぐことで、シャンパンのような味わいになるとのことで、実際に飲んでみると、その場の誰もが、いつも飲んでいるランビックとまるで違う!と驚きました。

こちらは千葉・舞浜イクスピアリ内にあるハーヴェスト・ムーン ブルワリーが作る「余市スタイルペールエール&IPA」。ビールについては詳しくは、ビアジャーナリスト協会記事「今年は2種!年に一度の「余市スタイル ペールエール & 余市スタイルIPA」に込められた想いとは?」をぜひご覧いただきたいです。

お伺いした際に、余市で収穫したホップを、「余市スタイルペールエール&IPA」に入れて飲ませていただきました!ホップの香りがより華やかに香り、フレッシュな味わいに!なんともいえない贅沢な味わいでした。余市のビールに余市のホップを加えて、それを北海道で飲めるという、最高にしあわせな時間でした。

店内にはビールに関する書籍や雑誌が置かれており拝見させていただきました。こちらは、坂巻さんが所持している「ビア・コンパニオン」には、著者・マイケル-ジャクソン氏、訳者・小田 良司氏のサインが入っていました。

「もやしもん8巻」は、ビールの話が中心の巻で、坂巻さんが所持しているこちらは初版限定の表紙とのことで、こちらもとても貴重な本です。

ネットオフ楽天市場支店
¥4,023 (2023/11/24 12:34時点 | 楽天市場調べ)

憧れのモルトヘッズにて、坂巻さんとお話をさせていただきながら美味しくビールをいただけ、最高に幸せでよい思い出となりました。連れて行ってくださったみなさまにも感謝でいっぱいです。

Maltheads (モルトヘッズ)

〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西8丁目7 大洋ビル B1 公式ホームページ

札幌・小樽ビールの旅 一覧はこちらか

ビール日和
管理人
ビールが好きでビールに関して発信をしたいと考えこのブログと立ち上げました。ビアジャーナリストアカデミー19期生。普段はWEBディレクターをやっています。ビールイベントへのお誘い、取材のご依頼、ビールご紹介の依頼などはSNSからお気軽にご連絡ください。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次